ワンダフルキャンパスライフ(笑)

大学に行けば彼女が出来る、そう思っていた時期が僕にもありましたよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

これさえなければ大学なんて行かn

いや、行くけどさ。

大方の大学生がどうにか逃げたがる試験シーズンが迫ってきました。
いや大学生に限らないな。学生の天敵?いい表現だ。

さてさて、我が大学にはシケ対と呼ばれる人が存在します。
シケた選挙対策委員長のことじゃないですよ。古賀さん何にも関係ないよ。

まあお察しのとおり試験対策委員のことなんですけどね。

こと理系学部生にとって、シケ対は神、いわゆるゴッドであります。ネ申かどうかは知らん。
僕らの単位は彼らにかかっているといっても過言ではありません。

彼らの任務は・・・
ずばり、過去問を集めること。それにつきます。

理系科目は高校の内容から飛躍したものが多いです。
それゆえどんなレベルの勉強が必要なのか見当がつきません。
留年の地獄から逃れ、単位を得るためには試験の悪魔と戦わなければなりません。
そこに我らがシケ対は過去問という強力な力を与えてくださるのです。
過去問は神からのお恵みです。

神から恵みを受けた私たちはそれだけで天国に行けるわけではありません。
神はいつも私たちの行いをご覧になっておられます。
神から受けた恵みを踏みにじってはなりません。
天国に行くためには私たちの行いが大切なのです。
ここまで読んだあなたはもう自分に足りないものが何かお分かりですね。

そう、信仰心です。

神を信じ、あがめる心が私たちを天国へ導くのです。
神を信じないものは地獄へ落ちるのです。










えー、後半なんか怪しい宗教チックになったけど、シケ対の大切さはわかってくれたかな。
分かんねーな。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

神様って八百万いますけど一体どちら様を崇めれば…?

春来 | URL | 2009-07-04(Sat)09:06 [編集]


ピケ対に見えた僕は絶対大学に行くべきだなぁとおもいましたよ。

いるいる | URL | 2009-07-04(Sat)21:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。